tibesunaのブログ

最近オリジナルの漫画をよくあげてます。健康メインの記事をいろいろ調べたり、自分の経験を書いたりしています。あまり為にならないかもですがそれでもいいよという方は是非見てってください。あとAmazonアソシエイトをやっています。

今日はもう寝よう。 映画編

f:id:tibesuna:20181019105030j:plain

 

暗いとこは安眠できる?

暗すぎるのは良くない

一日を終え床に就く際、電気を消すのは当たり前だと思うが

実は暗すぎるのはあまりよろしくない。

 

中には暗すぎるのは怖いという人もいるため、豆電球などをつけて

寝る人もいるが、就寝の際は多少の明かりをつけていた方が効果的。

 

自分も以前は真っ暗な部屋で寝ていたのだが、中々寝ることが

できなかった。

一応調べてみたら、どうやら暗すぎる部屋は感覚が過敏になり

脳が余計醒めてしまい、結果睡眠に支障が出てしまうとのこと。

 

なので豆電球程度の明るさの部屋の方が感覚が緩んでいく為

自然な睡眠をとれるようになる。

 

微光だったら豆電球以外でもいいの?

白色系やスマホ、テレビは逆効果

白色系の光は色彩効果の関係で脳が冴えてしまう為、睡眠には逆効果。

豆電球は暖色系を選ぶ。蝋燭の火を眺めているとリラックスできる

ように暖色系の光は脳を落ち着かせるため、睡眠時は暖色系等を選ぶ。

 

あとテレビやスマホをよく付けぱなっしにして寝る人も多いが

電子機器で映像を映す物はほとんどLEDのブルーライト

放っている。話題になっているがブルーライトの光は

睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されるのを妨げ

睡眠のリズムを狂わせる原因になっている。

なので睡眠前にスマホをいじくるのは避け、テレビも

床に就く一時間前くらいにはやめ、寝る準備をした方が

安眠できるのだ。

 

光によって睡眠に与える影響は大きい。

自宅の部屋の豆電球は暖色か、寝る前にスマホ

いじるのを習慣になってないか再確認した方がいいかも

しれない。

 

 

あなたの人生を変える睡眠の法則

あなたの人生を変える睡眠の法則

 

 

 

 ブログ村はこちらから

 ☟

 

にほんブログ村 健康ブログ 睡眠・早寝早起きへ
にほんブログ村