tibesunaのブログ

最近オリジナルの漫画をよくあげてます。健康メインの記事をいろいろ調べたり、自分の経験を書いたりしています。あまり為にならないかもですがそれでもいいよという方は是非見てってください。あとAmazonアソシエイトをやっています。

孤独のグルメを見直すと

今週のお題「読書の秋」

 

自分が見た数少ない漫画

 

自分は漫画を読まない。昔、スラムダンクドラゴンボール

見ていた。どれもこれも兄の影響で読んでいた。

 

自分から率先して読んでいたものはほとんどなく、

大概他人から影響を受けて読んでいたものばかり。

 

ただ孤独のグルメは自分が気になって購入して読んでいる

唯一の漫画。

漫画の内容はおじさんが一人でご飯を食べている漫画。

味の感想ではなく、自分の頭の中で思ったことをただ淡々と

述べている内容。改めて思うと独特な漫画である。

 

しかし、この世界観はなぜか癖になる。

他人に干渉せず、ただ自分だけの世界で料理を楽しむ漫画。

他のグルメ漫画には無いスタイル。

この斬新な雰囲気に心を惹かれたんだと思う。

 

主人公、井之頭五郎

 

個人で貿易商を営んでいる中年男性。島耕作ではない。

仕事柄、外で打ち合わせや商談することが多い為、昼食や

夕食は外食になることがほとんど。一回コンビニ食の回もある。

 

基本は気になった店に一見さんみたいな感じで入り、飯を堪能していく

のが大体の流れ。

メニューを見て決めるだけでなく、客がおいしそうに食べている物を

見ると食べたくなる、お茶漬けが食べたいが為に居酒屋に入る、お得意さん

から事前に情報を仕入れる等でメニューを決めたりする。

 

ただ、頼んだものがダブることがしょっちゅう。

芋だらけにしたり、豚だらけにしたり、玉ねぎだらけにしたりと

全然学習しないが、最終的に開き直って「まあいいや」で済ませる。

【無添加フリーズドライ味噌汁】 ごぼうがいっぱい入った豚汁 10袋セット【コスモス食品】

↑豚汁が持ち帰りできるのを聞いて「持ち帰り!そういうのもあるのか」

という言葉はもはや名言。

 

何かと癖のある人物、井之頭五郎

 

ハードボイルドな感じを醸し出している男、井之頭五郎

ただ食のことになると結構ブレることがある。

 

煮込み雑炊が食えないだけでショック受けたり、前述のお茶漬け

を食べる前に繋ぎで鋼のような硬さの当たり目を食って苦戦する、

やむなく入った自然食品のレストランでメニューや店の雰囲気に

馴染めなかったり、冷やし中華食った後にラーメン食ったり、

常人には無い感覚をお持ちなのが井之頭五郎だ。

 

ご飯は絶対食べたい人で、焼肉と言ったら白い飯と言って

ご飯が来ないことに不満を漏らしたり、折角の餃子にライスを

頼もうとすると無いと言われ残酷だと残念がる描写がある。

 

因みに下戸。生粋の甘党で豆かんを食べて大喜びしている。

甘党を強調する場面は漫画ではあまり描かれていないが

ドラマ版では飯を食べる前に必ずと言っていいほどケーキやお菓子

などデザートを嗜んでいる場面が散見される。

伊豆河童 豆てん あんみつ 角切りところてん 赤えんどう豆入り ひんやり和菓子 ヘルシー スイーツ

↑黒豆と寒天だけのシンプルな和菓子。豆かん。確かにこれは旨そう。

 

出てくるお店

実在しているお店を出しているらしいがほとんどは

無くなってしまっている。

というのも孤独のグルメが注目されてきたのは最近で

連載していた当初は1994年の話。自分まだ豆粒ぐらいの子供の頃。

今から24年も前の話なのでそりゃ残ってないよね・・。

 

アームロック

この漫画を語るのに外せないのがアームロック。

グルメ漫画じゃないのかよと思うが、ちゃんと理由がある。

井之頭五郎は高校時代、祖父から古武道を叩き込まれていた。

雇っている店員に横暴な態度を見せていた店長に食事を害され、

注意したら暴力を振られてしまう。キレた五郎ちゃんは店長の

腕を華麗に固め、アームロックを決めた。店員に止められ事なきを

得たが止めなかったらマジで腕折ってたかもしれない。それ以上いけない

 

別の回では上司が部下に酒を強要する場面がある。

同じ店内でこの嫌な空気を味わされて食欲を失せてしまう五郎ちゃん。

上司を説教し、店を後にしようとしたら上司が激怒。部下が止めても

制止できず、五郎ちゃんに取っかかる。が、五郎ちゃんは咄嗟に腕を

つかみ、そのままアームロック。からの投げ飛ばしを決め、上司は

ばたんきゅ~。結局お茶漬けも食べれなかった為、家で自炊する羽目に。

(因みに両方共ちゃんと支払いはしている。当たり前か。)

 

まとめ

 

孤独のグルメ 【新装版】

孤独のグルメ 【新装版】

 

 

 

孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)

孤独のグルメ 2 (SPA!コミックス)

 

 作画を担当していた谷口ジロー先生は昨年亡くなってしまった。

谷口ジロー先生の作品がもう見れないと思うと非常に残念な気持ちで

いっぱいである。

天国でも漫画を描いているのだろうか。

また新しい孤独のグルメが見たい。その一心である。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村