tibesunaのブログ

最近オリジナルの漫画をよくあげてます。健康メインの記事をいろいろ調べたり、自分の経験を書いたりしています。あまり為にならないかもですがそれでもいいよという方は是非見てってください。あとAmazonアソシエイトをやっています。

痩せるのは楽じゃない。HSP編

f:id:tibesuna:20181130095320j:plain

HSPヒートショックプロテイン)お風呂好きには付きやすい嬉しい健康効果。

 あっちい風呂で体を強化!HSPヒートショックプロテイン)!

 

 

寒くなってきた。こんな時期はお風呂がとにかく恋しい。

冷え切った体を熱いお風呂で温まるのは最高の気分になれる。

相変わらず銭湯や健康ランドに足を運んでいる。すっかり習慣に

なってしまった。

銭湯に足を運んだ際、気になるチラシを見かけた。

銭湯の漫画が記載されておりその中であるキーワードが気になった。

HSPヒートショックプロテイン)”である。(以下HSP)

 

HSPがもたらす効果

HSPとは熱ショックで生まれるたんぱく質のことで傷ついた細胞を

たんぱく質が修復してくれるということである。

 

たんぱく質はもともと体の中に存在するものだが、

たんぱく質を増やすのはそうそう簡単なことではない。

だが、HSPを行えばそのたんぱく質を簡単に増やして

くれる。

 

その方法こそ入浴である。

 

ヒートつまり熱を与えればストレスでたんぱく質が増加することが

できる。

その熱を増やす簡単な方法が日常で習慣的に行われるお風呂だ。

 

Halla 国産 鶏ササミ 2kg(冷凍) 業務用にもびったり!

 ↑筋肉を増やす鶏ささみ。たんぱく質が豊富。

 

入浴がもたらすメリット1

そもそも入浴は体の疲労を落とすための方法の一つ。

体は筋肉を使うと筋肉が死滅し、老廃物になる。

この老廃物が溜まりにたまると体に疲労が蓄積してしまい

だるくなってしまう。つまり悪影響をもたらしてしまうのだ。

 

現代社会で忙しかったからといってお風呂をさぼってそのまま

寝てしまう人や、短時間でお風呂を済ましてしまう人は沢山いる

だろうがこれは逆効果だ。

 

寝て疲労は回復できると思うが、老廃物を溜めた状態では

結局疲労が勝ってしまい、大した回復は期待できない。

HSPは体に溜まった老廃物を排出するとともに熱によって

生まれたたんぱく質により体の損失した筋肉を再生してくれるため

体をリフレッシュできるのだ。

 

入浴がもたらすメリット2

 

入浴には体温を上げるメリットがある。

体温を上げると血管が促進される、基礎代謝が向上する

免疫力がUPするなど様々な利益が付いてくる。

 

体温を一度上げるだけで代謝が向上し、何もしなくても

消費されるカロリーが向上する。

免疫力は体温が一度下がると途端に弱まっていくのに対し

体温を一度でも上げると何倍もの免疫力の向上を図れる。

 

体温の低下は結果健康にも害し、ダイエットの天敵にも

なりえてしまうのだ。

テルモ 病院用 電子体温計 C205 ET-C205S

↑体温は人によって異なるが、大体37度近くが平均。結構高く感じるかも。

 

太った人は低体温?

低体温というとどんな人を思い浮かべるだろうか。

意外にも太った人のほうが低体温の傾向がある。

太った人は脂肪をたくさん蓄えている為その分たくさん汗を

かく傾向がある。

その為新陳代謝がよさそうに見え、体温が高そうに見えるが

それは表面上だけ。実際脂肪は冷えを溜め込みやすいもので

保冷剤をくっつけて日々過ごしているようなものだ。

 

夏の部屋に冷房ガンガンつけて過ごしていると表面は暑いが

体の芯はすっかり冷え切っている為体には悪影響。

冬ではあったかそうなイメージがあるが、実際はそうでもなく

脂肪に冷気を溜め込む為、むしろ寒い。

 

結果的に脂肪は溜め込んでも体に悪影響しかない為

溜め込まないよう注意してほしい。

 

HSPの効率のいい入浴方法

話がずれたがHSPを効率よく行える入浴方法がある。

間違った入浴方法を行うと、うまくHSPは得られず

効果は期待できない。

 

いろんなところでHSPの入浴法を公開しているが

どこも共通しているのが

 

①入浴前にはしっかりとした水分補給

②自分の平熱の1.5度高くさせる目標

③少し高めの41~42度で20分入浴

④舌下温を測り、体の芯が温まっているかを確認

⑤入浴後は10分程、保温。冷やさない様に

⑥毎日じゃなくてOK。2~3日で1回が目安。

 

これはあくまで例。あとは自分で丁度いい目安を

見つけて自分にあった入浴法を探してみるといい。

 

最後に

 

銭湯養生訓

銭湯養生訓

 

 やっぱりダイエットもそうだが健康を維持していくには

入浴というのはかなり大切であると思われる。

 

日々忙しい毎日に追われると日常に行われていることを

おざなりにしてしまうようになってしまう。

入浴もそのひとつ。入浴は一日の疲れを洗い流す大切なもの。

シャワーで済ます人もいるがやっぱり湯船に浸かり

その日の疲労をリフレッシュできる入浴のほうが身体のため

でもある。

 

自分もしょっちゅうシャワーで済ましていたがやっぱり翌日

にはだるさが残っている。最近湯船でHSP法を試すようになって

から身体の調子がよくなってきた。肩こりや首こりが軽減された。

 

最近お風呂をおざなりにしている人もHSPを試して

日々の疲れを解消してみてはいかがだろうか。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村