tibesunaのブログ

最近オリジナルの漫画をよくあげてます。健康メインの記事をいろいろ調べたり、自分の経験を書いたりしています。あまり為にならないかもですがそれでもいいよという方は是非見てってください。あとAmazonアソシエイトをやっています。

飲む点滴、甘酒。そのままでも美味しいけど組み合わせ自由で楽しめるミラクルドリンク

あけましておめでとうございます。

 

ついに2019年になり、平成最後の年となった。

今年は何か大きく変化が起きそうそんな予感がする。

 

とりあえず元旦、まずは初詣に行ってきた。

どこの神社も長蛇の列を作り、参拝しにくる人でいっぱい。

参拝を済ませ、おみくじを買う前に初詣に行くと毎回恒例

の甘酒が無料で配られているのだが、この甘酒がうまい。うまい。

 

酒粕で作った感じのちょっとお酒感が残った甘酒を寒空の中

いただくのは別格である。

 

ちなみに調べると甘酒が初詣に出されるのは一種の風習で

お屠蘇(おとそ)

と呼ばれる正月に飲まれる縁起物のお酒らしく、

昔はお屠蘇と呼ばれる漢方薬が含まれたお酒を飲まれたのだとか。

無病息災、長寿を願うために飲まれたのだが、

もちろんお酒なのでアルコールが含まれており、子供は飲めない。

お世辞にもうまいわけではないらしいのであまり好まれないらしい。

 

だが甘酒は子供も飲めるし、お酒がダメな人も飲めるため

結果こちらを飲まれるようになった言われている。

 

 

屠蘇(とそ)

甘酒は冬に飲むと冷え性予防、夏には夏バテ予防と言われているほど

栄養価が高く、テレビでは飲む点滴というキャッチフレーズで知れ渡っている。

 

特に江戸時代、昔には冷気を発するものがなくただただ熱気を

受けた状態での生活を余儀なくされていた。そのため、食べ物は

腐りやすく、暑さで病気の発症率もぐんっと高くなる季節。

 

夏は死亡率がとにかく高かったらしい。

そこで夏に甘酒が売られるようになった。

甘酒はブドウ糖、豊富なビタミン、アミノ酸、ミネラルと

夏を凌ぐには欠かせない栄養素が盛り沢山だった。

 

病気にかかりやすい夏場、免疫力の向上、腸内環境の改善など

甘酒が体に与えてくれる恩恵は計り知れない。

 

そのため、甘酒は冬というより夏の風物詩として浸透している。

マルコメ プラス糀 米糀から作った糀甘酒LL 1000ml×6本

↑電車内の電光掲示板でもおなじみのマルコメの麹甘酒。

 

組み合わせが自由な飲み物

甘酒はそのままでも十分美味しいが他のものと一緒に

混ぜて飲むとより美味しくいただける。

市販でもしょうがや、豆乳と混ぜた甘酒が売られていたりと

組み合わせは幅広い。

自分が色々試したメニューを紹介していきたい。

(あくまで自分が美味しいと思ったものなので人によっては

まずいと思われるかもだがご了承ください。)

 

豆乳

マルサン 有機豆乳無調整 1000ml×6本

ベーシックに豆乳と混ぜて飲む。

豆乳の栄養価と甘酒の栄養価が加算してより健康にいい

スーパードリンクに変身。朝ごはんを食べる時間が

ない時でもいい。

 

 

牛乳

明治乳業 おいしい牛乳 900ml×3本

こちらも豆乳同様、ベーシックな組み合わせ。

味はこちらの方が濃厚だが、その分カロリーも高め。

飲み過ぎには注意。

 

生姜

自然王国 生しぼりしょうが湯 18g×20袋

 

生姜も甘酒に合う、食材のひとつ。

生姜の辛さと甘酒の甘さがとても相性がいい。

風邪っぴきの時には最高の飲み物。

 

 ココア

森永製菓 純ココア 110g×3個

ココアの風味と甘酒の風味が混ざり合い、何杯でも

飲みたくなる一品。甘酒が甘いため、ココアは

加糖のものでなく、純ココアを選んだ方が

ちょうどいい。ポリフェノールも豊富。

 

コーヒー

ネスカフェ ゴールドブレンド?120g

コーヒーに入れる砂糖代わりとして。

砂糖と違い、栄養素が豊富なのでオススメ。

入れすぎるとカロリーが高いため、入れすぎ注意。

 

青汁

山本漢方製薬 大麦若葉粉末100% 徳用 3g*44包

青汁単体は飲めない人も多いだろう。

そこで甘酒と混ぜれば、甘酒の優しい甘さが加わり

ぐんと飲みやすくなる。子供にもオススメ。

慣れれば抹茶風味のような感じに。・・なるはず。

 

はちみつ

カークランド KIRKLAND クローバーハニー はちみつ 2.26kg

はちみつを入れれば、より濃厚な甘さが楽しめる。

前述した生姜とはちみつと甘酒のMIXもオススメ。

 

アイスクリーム

国産バニラアイスクリーム 2L (業務用・熊本県)

アイスにかけて食べるのも一興。

オススメはミルクによく合うため、バニラが美味しい。

他の味でも試してみよう。

 

最後に

甘酒は米麹と酒粕で作られる。

米麹はアルコールが入ってないが、酒粕

酒から作られるため、アルコールが含まれている。

1パーセントとかの数値だが、車を運転する人は

特に注意して、飲用しよう。

あと甘酒は結構カロリーが高めなので、ダイエット中は

飲み過ぎに注意。

八海山 麹だけでつくったあまさけ 825g x 3本

↑オススメの甘酒。味も申し分なく、すっきりして飲みやすい。

ちょいとお高めだが。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村