tibesunaのブログ

最近オリジナルの漫画をよくあげてます。健康メインの記事をいろいろ調べたり、自分の経験を書いたりしています。あまり為にならないかもですがそれでもいいよという方は是非見てってください。あとAmazonアソシエイトをやっています。

西武鉄道 新型特急車両 「Laview(ラビュー)」に乗ってみた。

f:id:tibesuna:20190321150202j:plain

写真の写り方が下手なのはご了承ください。

ついに出た!新型レッドアロー!

普段から西武鉄道をよく利用しており

レッドアローも度々秩父に行く際、使用している。

 

西武鉄道でのんびり行くのもいいが、レッドアローの

快適な空間で颯爽と秩父に行くのも一興。

 

そんなレッドアロー、ついに新型が発表された。

その名も「Laview(ラビュー)」

 

名前の由来は

「L」贅沢 『luxury』なリビング『living』のような空間。

「a」矢 『arrow』のような速達性。

「view」 大きな窓から移りゆく眺望『view』

という意味が込められている。(西武鉄道WEB参照)

 

大都会の池袋から広大な自然が広がる秩父まで

快適な車内空間で旅を楽しめるのがコンセプト。

所沢まで約19分、飯能まで約38分で行ける。

 

最近は秩父だけでなく、飯能も観光の注目度が集まっている。

ムーミンパークがグランドオープンされ、チケットの予約が

開始されたため早速、新型特急で向かう人もいるだろう。

 

飯能も秩父に負けず劣らずで自然豊かなところ。

ムーミンパークの場所が飯能である理由は、ムーミン

生まれ故郷であるフィンランドムーミン谷が飯能の

宮沢湖とよく似ていたため。

 

ムーミンキャラクターズの会長公認なので

本当に瓜二つなのであろう。

metsa-hanno.com

Laviewに乗ってみた!

 

とりあえずLaview(以下ラビュー)が発表されたので

早速乗りに行くことに決定。まずは池袋にいってそこから

乗車。

 

とりあえず所沢まで行って、レッドアローで池袋まで行くことに。

ちなみに自分は入曽が最寄駅なのでレッドアローは止まらない。

チケットも買えない。

 

f:id:tibesuna:20190321150542j:plain

レトロな先代レッドアロー。今でもバリバリ現役。

f:id:tibesuna:20190321150654j:plain

いつも席は指定なしで取る。窓際が取れた時はラッキー。

f:id:tibesuna:20190321150925j:plain

特急で池袋まで20分足らずで着くので予定の時間よりだいぶ早く到着。

時間があったのでルノワールでブログを書いて時間を潰す。

そして、予定の時間の15分前でホームにて待機。

そしてついにラビューとご対面!

f:id:tibesuna:20190321151355j:plain

みんなもスマホを構えてパシャパシャ撮ってた。考えることは一緒なのね。

先代のレッドアローのデザインからだいぶ変更されており、今までの

四角い形から湾曲形状のデザインに。なんか宇宙船か潜水艦みたい。

夜なのでライトが付いた状態で駅に。ライトは上部に設置されている。

f:id:tibesuna:20190321151932j:plain

窓は座席が全体で見える程大きく、列車の窓の形状としては今までにない感じ。

f:id:tibesuna:20190321152424j:plain

車内清掃している間に車内を拝見。暖色の光が車内でなくまるでお家のような雰囲気を醸し出している。

車内は基本的にイエローをベースにした配色にしている。

黄色独特の刺々しい感じではなくほんのり柔らかい色彩になっており

落ち着いた印象を与えてくれる。

 

降車の際、よく自動ドアの前で待っていることがあるが

先代のレッドアローはこのフロアがお世辞にも広いとは言えなかった。

ラビューはふた回りほど広めの大きさになっており、ある程度の人間が

待てるスペースになっている。

暖色系のルームライトがまるでお家の玄関のよう。

f:id:tibesuna:20190321153227j:plain

前席に付属のテーブルは勿論、座席の横に小さいテーブルも付属されている。小さいテーブルの下には電源もあるため、携帯を置いて充電もできる。

f:id:tibesuna:20190321153447j:plain

荷物置きは透明なアクリル板になっており、下からでも荷物の確認ができる。

座席を座ってみると先代レッドアローよりふんわりした座り心地のシート。

頭の位置に合わせられるヘッドレスト。ミニテーブルとパソコンやスマホ

充電ができるコンセントが付属、以前より快適な車内空間を満喫できる。

間違いなく家のソファより座り心地が良い。

f:id:tibesuna:20190321154030j:plain

床下ギリギリまで見える窓は車内の下部を眺望することができる。今までの列車で下まで見える窓はない為、かなり新鮮。

f:id:tibesuna:20190321154318j:plain

一番最後部の席を取ったので運転席が見える。運転席も透明なのでこちらも新鮮。

今までの列車は基本、足のあたりまで窓が届いていないデザインがほとんどだったので

下の方を眺めることができる窓は初めて。秩父に行く時、線路下で流れている川や

雄大な自然を大きな窓から閲覧できる。(まだラビューで秩父は行ってないけど)

 

運転席も透明板で遮っている。運転席が見える為、鉄道ファンはたまんないだろう。

f:id:tibesuna:20190321154850j:plain

綺麗なトイレ。こちらもイエローの配色の室内。近づくと蓋が開いてくれるハイテク仕様(そんなハイテクでもないか)

f:id:tibesuna:20190321155059j:plain

なんと自動ドア。ちゃんと中に人がいるかどうか、施錠中のランプもついている。

気になって催しているわけでないがトイレに直行。

先頭車両と5号車についている。

当然綺麗なのだが、一番びっくりしたのはなんと自動ドア。

これ、初見の人混乱しそう。

f:id:tibesuna:20190321155506j:plain

池袋のホームにあったラビューのプラレール

まとめ

最新式とあって先代のレッドアローよりより快適かつ

実用的、長時間の長旅でも疲れないゆったりシートと

景色を大きな窓で景観でき飽きさせない仕様。

個人的にはかなり最高な特急列車である。

今度これで秩父に行こうと思う。

 

ちなみにラビューは池袋〜西武秩父間のみの運行となっている。

先代レッドアローもそうだがもしかしたら西武新宿〜川越間も

走る時がいつか来るかもしれない。

http://www.seiburailway.jp/express/limitedexpress/.../about

↑こちらのリンクから西武のホームページに行けます。